相続対策について

遺言でよくある質問3「贈与のことを遺言にも書いた方がいいのかな?」

よくある質問の3番目は「贈与のことも遺言書に書いておいた方がいいのかな?」です。

遺言を書くとき、生前贈与のことを記述するには?

贈与をした後、遺言を書く時に、生前贈与のことも遺言に書いておいた方がいいのか、という質問です。必ず必要ではないのですが、贈与の経緯を遺言で説明を残しておくというのも良いと思います。

これは、生前贈与が後々発覚したとき相続人間でトラブルになり、スムーズに相続が進まないケースも考えてのことになります。「贈与の経緯を遺言で説明する」ためには、付言事項という手段があります。

付言事項の効力と入れ方

遺言の中で、どの財産を誰に遺す云々が本文として、法的な効力があります。それ以外で「どういう経緯で今回の遺言を書きました」というようなこと盛り込むといいと思います。特に法的な効力はないのですが、気持ちの面を遺言書に付け加えることができます。

付言事項は、基本的にはご家族への感謝の気持ちや、自分が亡き後、どういう風に暮らしていって欲しいかということを書くことが多いです。また、遺言を残した経緯や贈与をした時の経緯を書いておくと、後々、相続人さんの理解・納得感が増し、争い防止の効果も期待できます。

特定の人だけ生前贈与をすると、不公平に感じられる可能性があります。でも、それにはこういう理由があるということを残すことで、余分な争いを避けることができます。

さらに詳しい内容やご自身のパターンが当てはまるかなど、一度お問い合わせ下さい。ご相談は無料です!

ABOUT ME
税理士法人イワサキ
税理士法人イワサキ
当税理士法人では20年以上前から相続専門の部署を設け、これまでに相続手続きから相続税申告、また、遺言や贈与等の生前対策でもたくさんのお客様をサポートしてきました。 当法人の最大の特徴は、相続の総合病院であるということです。健康診断の代わりに事前調査を行い、病院の先生の代わりに専門家が対処いたします。 「相続ってなにをするの?どこに問い合わせればよいの?」 「相続で将来もめたくないけど…」 という方は、ぜひお問い合わせください。 また、相続に関するセミナーも、静岡市と沼津市で毎月開催しています。直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。
相続税サービスメニュー


税理士法人イワサキの相続税サービスメニューは、こちらからご確認いただけます。

初回の相談料は無料にて承っておりますので、いつでも遠慮なくお問い合わせください。

相続税サービスメニューへ


相続の準備をしている方へ

相続対策は、実際の相続の現場を多く経験した者しかわからないことがたくさんあります。

イワサキでは公平・中立な立場でお客様の視点に立って、相続税対策や土地の有効活用を分析・提案しております。

相続対策サービスメニューへ


相続セミナー情報

税理士法人イワサキでは、毎月静岡市と沼津市で、相続に関するセミナーを開催しています。

直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。

セミナー情報一覧へ