相続対策について

遺言でよくある質問5「法務局で遺言を保管してくれるそうだけど」

遺言でよくある質問の5番目は「法務局で遺言を保管してくれるそうだけど?」です。

法務局で遺言書を保管できる制度がスタート

2020年7月10日から法務局における遺言書の保管等に関する法律が施行されました。

ポイントとしては、あくまでも遺言を書いた人が法務局に保管を申請に行くということが必要です。

そして、ご本人の健在なうちは、「閲覧の請求」と言われる、どういう遺言だったか確認することも本人のみになります。
遺言書の返還も本人のみしかできませんので、注意が必要です。

法務局での遺言書保管のポイント
  • 本人が手続きを行うこと
  • 閲覧の請求も本人のみ

本人が亡くなった後の遺言書の保管に関するポイント

ご本人が亡くなられて、相続が発生した後は、遺言が保管されている旨を通知することになっています。

遺言書を法務局で保管しているので、相続人の方が「遺言書の写しを交付してくださいとか閲覧をさせてください」など、申し入れすることでできます。相続人の全部、または遺言に記載されている受遺者(相続させることが書かれている人)、遺言執行者が指定されていればその遺言執行者に対しても通知することになっています。

また、家庭裁判所での検認は不要です。実質の遺言に比べれば、手間が一つ少なくなります。

保管制度がスタートしたことで、遺言を家の中だけでなく、法務局に保管するケースも考えられるようになります。もし相続が発生したら、遺言書の保管があるかないかを法務局で確認することが大切です。

また、公正証書遺言を作っている可能性もあります。
法務局だけでなく、公証役場に行って遺言の有無を確認するという作業も必要になってきます。

本人がなくなった後のポイント
  • 保管されている遺言書の閲覧を、相続人が申し出ることができる
  • 法務局で保管されているか確認する
  • 公証役場に行って遺言の有無を確認する

まとめ

以上、よくある質問から遺言の内容とポイントについて案内をしてきました。

生前贈与・遺言どちらも、まずは現状分析をするのが得策です。その上で、争いを防止するために一番効果的な贈与や遺言の内容を検討していく必要があると思います。

もめないためにも、家が繁栄を続けるためにも、税制面も含めた慎重な検討が必要になると思います。
そのために、まず相続の専門家に現状分析を依頼して、有効な対策の手助けになればと思います。

イワサキ経営では、相続税の試し算、現状分析等を分析レポートとして出すことができます。一度現状分析してみたいという方がいれば、気軽にお申し出いただいて対策を一緒に検討できればと思います。ぜひお声掛けください!

さらに詳しい内容やご自身のパターンが当てはまるかなど、一度お問い合わせ下さい。ご相談は無料です!

ABOUT ME
税理士法人イワサキ
税理士法人イワサキ
当税理士法人では20年以上前から相続専門の部署を設け、これまでに相続手続きから相続税申告、また、遺言や贈与等の生前対策でもたくさんのお客様をサポートしてきました。 当法人の最大の特徴は、相続の総合病院であるということです。健康診断の代わりに事前調査を行い、病院の先生の代わりに専門家が対処いたします。 「相続ってなにをするの?どこに問い合わせればよいの?」 「相続で将来もめたくないけど…」 という方は、ぜひお問い合わせください。 また、相続に関するセミナーも、静岡市と沼津市で毎月開催しています。直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。
相続税サービスメニュー


税理士法人イワサキの相続税サービスメニューは、こちらからご確認いただけます。

初回の相談料は無料にて承っておりますので、いつでも遠慮なくお問い合わせください。

相続税サービスメニューへ


相続の準備をしている方へ

相続対策は、実際の相続の現場を多く経験した者しかわからないことがたくさんあります。

イワサキでは公平・中立な立場でお客様の視点に立って、相続税対策や土地の有効活用を分析・提案しております。

相続対策サービスメニューへ


相続セミナー情報

税理士法人イワサキでは、毎月静岡市と沼津市で、相続に関するセミナーを開催しています。

直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。

セミナー情報一覧へ