その他お知らせ

5/29更新:相続税の申告・納付期限の個別指定による期限延長手続について

新型コロナウィルスの影響による相続税個別延長の手続きについて

相続税の申告・納付期限の個別指定による期限延長手続に関するFAQが、令和2年4月14日に公開され、5月29日に更新されました。

新型コロナウイルス感染症の影響により、相続人等が期限までに申告・納付ができな
いやむを得ない理由がある場合には、個別に申請していただくことにより、期限の個別延長が認められます。

ただし、個別の申請により申告期限等が延長されるのは申請を行った方のみとなり、他の相続人等の申告期限等は延長されませんのでお気をつけ下さい。

また、申告期限の延長手続きは不要です。
申告時、申告書右上の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」である旨を付記していただく形となります。
この場合、申告書の提出=納付期限となりますので、ご留意下さい。

個別に申告書を提出するには、書面とe-taxがありますが、それぞれの延長申請方法について説明します。

書面で提出する場合

書面で提出する場合は、右上の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載します。

(申告書を書面で提出する場合の記載方法)

e-taxで提出する場合

e-taxで提出する場合も同様に、「特記事項」欄に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力します。

(申告書を e-Tax で提出する場合の入力方法)

相続税の申告・納付期限延長手続について(5/29追記)

1.申告の延長を求める”やむを得ない理由”について

申告の延長を求める場合の申告ができないやむを得ない理由について、以下の方が含まれます。

  • 新型コロナウィルスに感染した方
  • 体調不良により外出を控えている方
  • 平日の在宅勤務を養成している自治体に住んでいる方
  • 感染拡大により外出を控えている方

 

2.申告・納付を延長される期間について

新型コロナウイルス感染症の影響により、期限内に申告・納付することが困難な方が延長される期間について、申告・納付ができないやむを得ない理由がやんだ日から2か月以内の日を指定して申告・納付期限が延長されることになります。

相続税に係る各種申請や届出などの申告以外の手続きについても、新型コロナウイルス感染症の影響により提出が困難な場合は、個別に期限延長の取扱いを行うこととしております。

また、延長後の納付期限までに納付することが困難な場合には、納税についての猶予制度を適用できる場合があります。

詳しくは、税理士法人イワサキまでご相談下さい。

参考:「相続税の申告・納付期限の個別指定による期限延長手続に関するFAQ」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/pdf/0020004-074.pdf

ABOUT ME
税理士法人イワサキ
税理士法人イワサキ
当税理士法人では20年以上前から相続専門の部署を設け、これまでに相続手続きから相続税申告、また、遺言や贈与等の生前対策でもたくさんのお客様をサポートしてきました。 当法人の最大の特徴は、相続の総合病院であるということです。健康診断の代わりに事前調査を行い、病院の先生の代わりに専門家が対処いたします。 「相続ってなにをするの?どこに問い合わせればよいの?」 「相続で将来もめたくないけど…」 という方は、ぜひお問い合わせください。 また、相続に関するセミナーも、静岡市と沼津市で毎月開催しています。直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。
相続税サービスメニュー


税理士法人イワサキの相続税サービスメニューは、こちらからご確認いただけます。

初回の相談料は無料にて承っておりますので、いつでも遠慮なくお問い合わせください。

相続税サービスメニューへ


相続の準備をしている方へ

相続対策は、実際の相続の現場を多く経験した者しかわからないことがたくさんあります。

イワサキでは公平・中立な立場でお客様の視点に立って、相続税対策や土地の有効活用を分析・提案しております。

相続対策サービスメニューへ


相続セミナー情報

税理士法人イワサキでは、毎月静岡市と沼津市で、相続に関するセミナーを開催しています。

直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。

セミナー情報一覧へ