令和2年度税制改正

所有者不明土地等に係る固定資産税の課題への対応(2020年度税制改正)

2020年税制改正に関連する記事はこちらから

第1回「国外中古建物の不動産所得にかかる損益通算の特例について」
第2回「居住用賃貸建物の取得等に係る消費税の仕入税額控除制度等の適正化」
第3回「配偶者居住権」
第4回「NISA制度の見直し・延長」
第5回「低未利用地の活用促進」
第6回「未婚のひとり親に対する税制上の措置及び寡婦(夫)控除の見直し」
第7回「私的年金等に関する公平な税制のあり方」

改正の概要

2020年度税制改正では、所有者が不明な土地についても改正が行われました。

所有者不明土地等に係る固定資産税の課題への対応

所有者が不明な土地につきましては、以下の対応となります。

土地又は家屋の登記簿上の所有者が死亡し、相続登記がされるまでの間において、現に所有している者(相続人等)に対し、市町村の条例で定めるところにより、氏名・住所等必要な事項を申告させることができることとする

調査を尽くしてもなお固定資産の所有者が一人も明らかとならない場合、事前に使用者に対して通知をした上で、使用者を所有者とみなして固定資産課税台帳に登録し、固定資産税を課すことができることとする

所有者不明土地等に係る固定資産税の税制改正の背景

全国に所有者不明土地が存在しており、固定資産税を徴収することがむずかしい状況がありました。市町村が尽力を尽くしても、所有者が登記されていない等の事情で所有者が特定できないケースがあります。

市町村は、この所有者を特定するために、ものすごい時間とお金と労力をかけています。

でも、その調査を尽くしても、全然所有者が明らかにならないのです。
そして、この状況は、課税の公平さを欠ける問題があることが指摘されていました。

固定資産の所有者とは

固定資産税の納税義務者というのは、原則として、固定資産の所有者である必要があります。

「固定資産の所有者」とは、その年度の1月1日において、土地又は、家屋の登記簿等に所有者として登記又は登録されている者になります。

所有者が死亡した場合には、土地又は家屋を現に所有している者(相続人等)が納税義務者になります。

しかし、相続が発生した場合でも相続登記が行われないケースもあり、地方公共団体は、その所有者の特定に時間と労力がかけられています。

改正の内容

今回の税制改正で、

市町村は、一定の調査を尽くしてもなお固定資産の所有者が一人も明らかとならない場合には、その使用者を所有者とみなして固定資産課税台帳に登録し、その者に、固定資産税を課することができること

としています。

なお、一定の調査とは、

住民基本台帳及び戸籍謄本等の調査ならびに使用者と思料される者その他の関係者への質問その他の所有者の特定のために必要な調査

のことです。

今回の改正で、市町村が現に所有している相続人に対し、氏名や住所など申告させることができるようになりました。今までは「任意でのお願い」だったんです。

でも、もう条例によって申告させることができるようになりましたので、実際に登記されてなくても、「あなたが固定資産税を払うんです」と言えるようになりました。

市町村が、使用者を所有者とみなして固定資産課税台帳に登録しようとする場合には、その旨を当該使用者に通知する必要があります。

使用者に対して通知をした上で、使用者を所有者として固定資産税をとることができるようになりました。

まとめ

今まで、なかなか特定できなかった土地や家屋の所有者に対して改正を行うことで、公平に税金を課することができるようになりました。

次回は、「税務手続きのデジタル化」についてです。

ABOUT ME
税理士法人イワサキ
当税理士法人では20年以上前から相続専門の部署を設け、これまでに相続手続きから相続税申告、また、遺言や贈与等の生前対策でもたくさんのお客様をサポートしてきました。 当法人の最大の特徴は、相続の総合病院であるということです。健康診断の代わりに事前調査を行い、病院の先生の代わりに専門家が対処いたします。 「相続ってなにをするの?どこに問い合わせればよいの?」 「相続で将来もめたくないけど…」 という方は、ぜひお問い合わせください。 また、相続に関するセミナーも、静岡市と沼津市で毎月開催しています。直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。
相続税サービスメニュー


税理士法人イワサキの相続税サービスメニューは、こちらからご確認いただけます。

初回の相談料は無料にて承っておりますので、いつでも遠慮なくお問い合わせください。

相続税サービスメニューへ


相続の準備をしている方へ

相続対策は、実際の相続の現場を多く経験した者しかわからないことがたくさんあります。

イワサキでは公平・中立な立場でお客様の視点に立って、相続税対策や土地の有効活用を分析・提案しております。

相続対策サービスメニューへ


相続セミナー情報

税理士法人イワサキでは、毎月静岡市と沼津市で、相続に関するセミナーを開催しています。

直接のご相談はちょっと…というようでしたら、まずはセミナーに参加して、情報収集してみませんか。

セミナー情報一覧へ